Times Square New York

Katie’sのレッスン風景

一人一人性格が異なるように、現在の英会話レベル、理解度、好み、目標、スピードなどはそれぞれ異なります。Katie’sではそれぞれに合わせて担任講師が皆様をリードします。担任制ならではの学習者により沿った指導法で”継続”を大事にします。

テクノロジーの発達によって今では大学すらもオンラインで受講というような時代になりました。オンラインレッスンは通学の時間とエネルギーを大幅に節約し、その分学習に注ぎこめるという利点があります。また悪天候なども関係なくインターネットさえあればどこでも受講可能です。レッスンはまるで目の前にいるかのようなクオリティ。これらをまだ使用されていない方もご安心ください。導入からサポートまでお手伝いいたします。

使用するアプリは世界でビデオ通話シェアナンバーワンのMicrosoft社のSkype(スカイプ)でお使いのPC,タブレット、スマートフォン上で無料でお使いいただけます。自社システムを採用している他のオンラインスクールでは生徒には内緒でレッスンを録画していたり、個人情報が筒抜けであったりすることもありますが、Katie’sでは信頼のできるマイクロソフト社製品を使用しますので個人情報やプライバシーが侵される心配はありません。登録はメールアドレスさえあれば簡単にできます。

画像クリックでマイクロソフト社Skypeのウェブサイトが表示されます

Katie’sでは学習者にスクール統一のテキストブックは使いません。それぞれに合った学習法があるからです。レッスンごとにその日に学んだ内容をノートにしたものを提供します。ご自身でノートをとる必要はありません。次回レッスンまで復習にお役立てください。レッスンを多く重ねると一人一人に合わせたオリジナルテキストブックが出来上がります。英会話は何度も復習することで身につきます。覚えられない量を勉強するよりも少しずつコツコツ、復習して復習することで必ず身につくようになります。

 

Katie’sのSEGs

1.ENJOY LEARNING.
英会話習得は短期間ではできませんので英語と長く付き合うことになります。

ご自身を追い詰めすぎず楽しみながら学ぶことが重要です。

2.FIND YOUR FAVORITE.
英語の文化の中で好きなものを見つけましょう。エンターテイメント、アート、スポーツ、ファッションなどなんでも構いません、興味がわくものを。

3.SOUND FIRST, IMPRESSION SECOND.
英会話で最も重要なのは音です。アルファベットではなく音で最初に認識できるように心がけましょう。音とインプレッション(印象)で英語を吸収

4.NO TLANSLATION.
日本語から訳すというステップを挟まず感じたことをそのまま英語として覚えるようにしましょう。

5.NOT HEAR BUT LISTEN.
聞こえてくるだけではリスニング能力はあがりません。耳を傾けて聞きにいきましょう。

6.NOT THINK BUT FEEL.
体験したことを考えて覚えるのではなく、そのまま感じた感覚を英語に結びつけます。

7.NOT MEMORIZE BUT FEEL.
頭で記憶したものは会話ではでてきません。十分に感じて、その感覚も一緒に覚えるようにしましょう。

8.NOT READ BUT COPY
アルファベットを読んでしまうと英会話力が育ちません。聞いた音をそのまま真似する(コピー)ことが重要です。

9.REPEAT
同じ言葉、フレーズを何度も声にだして発音しましょう。種類を増やすよりも同じものを何度も繰り返すことが重要です。

10.REVIEW
新しいことを覚える前に、今取り組んでいるものを何度も復習しましょう。復習は1回でなく何度もします。復習によって培われたものはスキルとして定着します。

11.COMMUNICATE
会話は相手があってのことです。相手の言っていることをよく聞き、上手なコミュニケーションをこころがけましょう。

12.TRY BEFORE YOU THINK
自分にあったしっくりくるポイントはすぐに見つかるものではありません。しっくりこない場合は思いつくことを何でも試してまずやってみましょう。

13.MAKE IT ROUTINE
音をきく、真似をして声にだす、これらはときには退屈かもしれません。後々必ずスキルとなってあなたを助けてくれますので、毎日やらないと気持ち悪いと思うくらい向き合いましょう。

14.LEARN FROM MISTAKES
間違えを恐れずにどんどん間違いましょう。間違えから学んだものは印象強く残ります。誰もが最初は間違いだらけなのです。

15.RELAX
緊張していては出てくるものもでてきません。ゆったりした気持ちで会話できるよう自分の気持ちをコントロールすることをいつも心がけましょう。

16.BE RESPECTFUL
英語には敬語がないため言い回しによって相手への敬意が伝わります。状況に合わせてベストな表現ができるよう相手へのリスペクトを忘れないようにこころがけましょう。

17..BE HAPPY
明るく振舞っていれば、うまくいかないこともうまくいったりすることもあります。会話では明るく話すことを心がけましょう。

英会話の習得を目的にしたトレーニングが主ですが、各種イベント時にはご要望に応じて試験対策特別レッスンも可能です。また受験や学校の試験対策などにも状況に合わせて利用ができます。そのほか発音強化、文法強化などを一定期間を定めて学習することも可能です

コースによって基本の曜日、時間帯を担任講師とのご相談で決めていただけますが、急な用事や休暇が必要な場合などは担任講師とのご相談で振り替えることができます。Katie’sではコース内のレッスン回数が無駄にならないよう最善のご提案を常にさせていただきます。

PAGE TOP