もういちどはじめる英会話

これからはじめる方も、今までうまくいかなかった方もKatie’sのもういちどはじめる英会話コースは挫折しない英会話習得のための土台となる基礎をトレーニングします。

  • HOME
  • もういちどはじめる英会話

英会話をもういちどはじめたい

英会話できたらいいな….多くの方がそう思っているはずですが、いざやってみようと決意するにはなかなかハードルが高いと感じていませんか?きっとそれは英会話って難しい、続かないかもしれない、自分にできるか自信がないという不安からきているからかもしれません。実際に多くの方が英会話スクールに通ったりオンライン英会話を始めてみたりされていますが、最初はモチベーションが高く、楽しみながらできていても時が経つにつれて思ったようにいかないフラストレーションと日々の忙しさなどもあり継続できなくなったりしています。

英会話は誰にでもできるもの

多くの日本人が英会話が上手くできない理由は、英会話を学問の英語として勉強してしまうところにあります。会話をするスキルというのは学問ではなく人間の本能的な能力です。もともと備わっている能力なためトレーニングをすればできるようになるものですが、トレーニングではなく勉強して知識として記憶してしまうと全てを頭の中で考え、思い出さなければいけなくなります。母国語を話すときは頭の中で考えるのではなく、全てがイメージで処理されています。イメージにリンクされた音が自然とでてくるため単語や文法のことを考えずに話すことができます。つまり、本来はどのような言語でも全てをイメージと音で覚えるようにすれば誰にでもできるようになります。英語圏で生まれ育って英語が話せない、日本で生まれ育って日本語が話せない人はほぼいませんが、それは勉強したから話せるのではなく、育つ過程でこのトレーニングを行ってきたから話せるようになっているのです。

自然な英会話を身につけるには

小学校へ入る前くらいまでには子供は日常会話ができるようになっています。これは英語圏でも日本でも同じです。その時点では文法も習っていなければ文字も書けなかったりもします。それでも日常会話ができるようになることが、言語能力は勉強によるものではなくトレーニングであるということを証明しています。会話というのは極めて動物的なコミュニケーションで、作文をするのではなく、その状況、感情を表すときにみんなが使っている音をそのまま真似て使っています。犬の遠吠えを想像してみてください。あの鳴き方だとこの合図というような感じです。

人間にはたくさんの種類の遠吠えがあって、相手はその音の形を全体的に聞くことで相手の伝えようとしていることを理解します。つまり、単語ひとつひとつを聞き取って理解しているのではなく、フレーズを一つの長い音として捉え、その音を共有しているんです。おなかがすいたときには、”あぃむ はんぐりぃ”という音を出せば相手が100%わかってくれるということです。そこには日本語訳やスペルは一切必要ありません。おなかがすいた時の感覚、感情と”あぃむ はんぐりぃ”という音をリンクづけする、これが正しい言語の習得の仕方なのです。逆に、どんなに文法的に正しい作文をして読み上げても、音として聞いたことのないものであれば相手は???となって伝わりません。日本語から直訳した英作文が英語圏で通じないのは、現地の人が聞いたことがない音を出しているからなのです。

子供が育つ過程と同じトレーニングをする

日本では中学校あたりから、英語を文字から入ってしまっています。本来こどものときに音を真似て会話をすることで日常会話を身につけるという期間を経ずに最初から英語を頭で考えるアプローチになってしまっています。このため記憶を頼りに正解の答えを頭の中で導いてそれをスペルを元に音に変換することで伝えるという極めて遠回りで不自然な方法で英語を話そうとしています。このため記憶したことがなかなか呼び戻せずにえーっと、えーっと、なんだっけなぁとなってしまいます。リアルタイムの会話においてこの方法で話そうとするのはそもそも人間の能力をはるかに超えていますのでこの方法ではできないのが当たり前なのです。これが日本人が英会話をできない理由です。

逆に言えば、空白になっている音を真似る期間をトレーニングし、文字認識ではなく音認識による方法を身につければ誰にでもできるようになるものであります。日本人で英語が自然に流暢に話せている人は例外なくこの方法になっていて、逆に挫折してしまう人は勉強による作文スタイルになっています。英検1級を取得している人でさえ、この作文スタイルになってしまっている人は多く、日本語から記憶に頼って英語に直訳しているため英語圏では誰も使わないようなとても不自然な英語になっています。そのため英検1級を取得していても英会話が苦手という人は驚くほど多くいるのです。

トレーニングをサポートする人が必要

ここまでお読みいただいた方は、音とイメージをリンクさせるトレーニングさえ行えば例外なく誰にでも自然な日常会話ができるようになることはおわかりいただけたかと思います。ここで問題となるのはどのようにトレーニングをしたらいいかというところです。トレーニングが必要なもの、例えばスポーツやピアノなどの習い事もそうですが、”まだできない段階”では一人でやっていくことができないため、コーチや師匠のような存在が一人でできるようになるまでトレーニングをサポートしてある一定のレベルまで導くようになっています。

ある一定のレベルというのは自分でトレーニングをやっていくことができるようになるレベルです。言語においては親がその役目を果たし、自分の子供に自分の音を聞かせることでトレーニングしていきます。つまりトレーニングをサポートしながら導いていくような存在が必要で、それがないとそもそも到達ができないフィジカルなスキルを身につける=英会話ができるようになるということなのです。これまでの英会話スクールは教材と講師を提供し、生徒に勉強してもらい記憶頼りに知識を詰め込む方法で生徒の勉強量次第というグレーゾーンでビジネスを行ってきましたが、このことが多くの挫折者を生み出してしまい、英会話ビジネス=お金だけかかって身につかない=うさんくさいというイメージまで作り上げてしまっています。これはとても残念なことですが実際に行われてきたことです。

Katie’s はトレーニングをサポートします。

Katie’s はそのような従来の英会話スクールとは異なり、英会話を身につけたい人をサポートしながら導いていくというコンセプトで講師が生徒にとって両親の存在となるようなシステムを提供しています。そのため、1.生徒が理解ができる日本語を母国語レベルで話せるバイリンガル日本人講師が、2.担任制で生徒をリードしながら長期的にトレーニングをサポートするというようなスタイルになっています。

この二つの要素が日常英会話を身につけるためには欠かせないからです。逆に言うと、どんなに金額が安くまたは高く、ネイティブの講師やフィリピン人講師等であってもこの2つの要素が欠けていれば英会話はかなりの確率で挫折するという統計をもとにこのスタイルになっています。生徒がトレーニング方法を覚えてネイティブのように一人で英会話を学んでいけるようになるまでお手伝いをする、これがKatie’s New Yorkのコンセプトです。

もういちどはじめる英会話コース

Katie’s は生徒が一人で英会話を自然に習得できるトレーニングをしていけるようになるまでサポートしていくというコンセプトです。これは3ヶ月や6ヶ月ではなく、習い事などと同じく少なくとも1年から2年は必要です。こどもが日常会話ができるように要するのが6年とした場合、大人で時間の短縮をしたとしても日常会話レベルで3年はトレーニングが必要です。3年というと長く感じる方もいるかもしれませんが、3年で日常会話ができるようになるのであればと感じられる方もいます。一般的には何か新しいスキルを習得するにあたって3年というのは決して長い年月ではありません。

その一方、人間の心理としてそれだけ続けられるか不安になるのもごく一般的なことです。そのためにKatie’sでは、3ヶ月で12回の回数限定のコースを用意することで、続けていけるかどうかを判断していただくようにしています。3ヶ月続かない方は1年は続かないため無駄にお金を使うことがないようにするためです。これがKatie’sのもういちどはじめる英会話コースです。母国語でやっている音とイメージで覚えていく方法を身につけるためのトレーニングを紹介し、レッスン以外の時間でもトレーニングを行っていただき、レッスンでは担任講師がそのトレーニング内容ををサポートしていきます。

また、ネイティブが時間をかけて感覚で身につけている英語の構造を時間短縮で理解するために、その構造を基礎的な文法をつかって感覚的な理解ができるようにレッスンも行っていきます。正しい英会話のトレーニングの仕方を学んでいただき講師と共にトレーニングを行うというようなコースです。この12回のコースが終了できない場合、英会話を身につけるのは正直なところ難しいです。なぜならコース終了後も同じ方法でトレーニングを行っていかない限りは目的に到達できないからです。現在までこのコースが終了できなかった方はおりませんのでご安心ください。こどもが学んでいけるような方法ですので意欲だけあれば必ず終了できます。終了後はそのトレーニングをご自身で続けていただくか、Katie’sの本会員コースでさらにトレーニングに磨きをかけていくかはお選びいただけます。

視覚と感覚に直接アピールするオリジナルテキストブック

もういちどはじめる英会話コースで使用するテキストは文字で理解するのではなく、ネイティブと同じように感覚で理解していくように視覚的、感覚的にアピールするように作られています。また、例文で使ったものと同じフレーズの音をレッスンごとに提供することで、一人の時間で音を聞いて真似をする練習ができるようになっています。

バイリンガル日本人講師による担任制のレッスン

ネイティブが感じている感覚を理解するためには説明が必要ですが、英語で説明をしてもこれから英会話を習得したい人には理解ができません。Katie’sは日本語がネイティブで海外経験が豊富なバイリンガル日本人講師が担当いたしますのでネイティブに匹敵する英語と理解が必要なことはネイティブの日本語でハイブリッドなレッスンを行います。わからないことは日本語で聞き、日本語で理解することがより深い理解と時間の短縮になります。またレッスンごとに講師が変わることがないため、そのようなスタイルのオンライン英会話とは講師の責任感が違います。一定レベルに導くためには毎回講師が変わることがない担任制というのもとても重要になります。

お電話による安心のカスタマーサポート

Katie’sでは日本語も話すバイリンガル講師がカウンセラーも兼ねているため、その生徒に対する責任が重大です。よくある専門の日本人カウンセラーと非日本人講師との間で振り回されてしまうようなこともありません。また、講師以外にもお電話で相談ができるカスタマーサポートを用意しています。オンライン英会話では電話でのサポートがないところが多いのが現状ですが、電話サポートをしないということは会員にそこまでする必要がないと考えているということです。Katie’sでは会員様とのコミュニケーションにおいて不安を感じられることがないように電話でのサポートも行っており、準会員コースの会員様も本会員コースの会員様も一人一人を大切にし、目的を達成するためのお手伝いをさせていただきます。

これからはじめる方にも安心のお値段設定

●担任制30分レッスン月4回 (全12回)

もう一度英会話をやりたい、いちからやりなおしたいという方向けに英会話の基本要素をじっくりと学ぶ回数限定のお得なコースです。英会話の上達が実感できない方や定年後の記憶力維持で英会話をはじめたい方に特におすすめです。

レギュラー準会員コース
土日祝を除く平日の9時から16時までの間で基本時間を設定
月額8,800円(税込) → 3,960円(税込)/3ヶ月先払い 入会金なし
月額9,900円(税込) → 4,510円(税込)/1ヶ月先払い 入会金なし
赤字の金額はKatie’s会員コースを初めて受講される場合
3ヶ月分先払いの場合は月8回で全12回を期間短縮で行うことも可能です。

プレミアム準会員コース
平日、土日祝日の9時から22時までの間で基本時間を設定
月額11,000円(税込)→ 5,060円(税込)/3ヶ月先払い 入会金なし
月額13,200円(税込)→ 5,610円(税込)/1ヶ月先払い 入会金なし
赤字の金額はKatie’s会員コースを初めて受講される場合
3ヶ月分先払いの場合は月8回で全12回を期間短縮で行うことも可能です。

無料体験レッスンをお試しください。

Katie’sの体験レッスンは完全無料です。バイリンガル日本人講師のハイクオリティなレッスンをぜひお試しください。

本格的に英会話の総合力を上げたい方は

Katie’s総合英会話コース

Katie’s総合英会話コースは担任のバイリンガル日本人講師が一人一人にカスタマイズしたレッスンで長期的に英語の総合力を上げていきます。一人一人の弱点を補って長所を伸ばすことで成長を感じながら楽しくレッスン、実際にネイティブレベルのパフォーマンスまで英会話ができるようになったバイリンガル日本人講師が直接レッスンをするため、生徒にとって最も最適なお手本となるだけでなく豊富な海外経験から自然な英語と英語圏の文化も学べます。月4レッスン、または月8レッスンで月額11880円より。

ブルックリンメソッド会員コース

ブルックリンメソッド会員コースはメール配信型のレッスンで週に6日トレーニング内容が配信されます。毎日少しずつトレーニングを行っていただくコンセプトで、アプリや参考書のように自分から開きにいかなくてもメールチェックのタイミングでトレーニングを行うことができます。音とインプレッションでトレーニングできるよう画像と音声アシスタントを装備したhtmlメールでレッスンを行います。コストも極限まで抑えた月額330円(税込)と継続しやすくなっています。これまでになかったプッシュ型による配信レッスンをぜひお試しください。

レッスンが充実したその他のコース