結婚しています/Katie’sの作文をしない英会話

世界には2020年には78億人に達しています。1970年には約36億人でしたのでこの50年間で2倍になっています。

78億人(赤ちゃんから高齢者も含みますが)の中からたった一人の伴侶を選ぶグローバルなシステムである結婚という制度

時代遅れの価値観、人生の終わりなど批判的な意見もある中、やはりどこかロマンチックな印象があり憧れる人も少なくありません。

大人になると人生の一区切りとして照準を合わせるターニングポイントでもあります。

この結婚をするかもしれないことを頭の片隅に想定して多くの男女が日々駆け引きをしています。そこで気になるのが、自分が想いを寄せる相手が結婚をしているかしていないかです。

偶然の出会いで心がときめいた時、彼は結婚しているんだろうか?

こんなことが気になってしまいますが友人のこの一言で現実に戻されます。

彼は結婚しています。

….とても残念な瞬間ですが、出会いはまたどこにでもあるものです。素敵な出会いを求めてまたがんばりましょう。

さて、彼は結婚していますという表現ですが、普通に言うと

He is married.

となります。ごく一般的な言い方で誰もが理解できます。しかし、上のような状況で言ってしまうのは、もしかしたら独身かもと期待している友人に対して、少し唐突な感じがします。そんなときは

off the market

を使ってみましょう。

He is off the market.

彼は結婚しています。

マーケットには出てませんよーと間接的に表現できます。友人も、あぁ、そりゃそうだよね…というように少しは気持ちが和らぐかもしれません。

英会話は英作文をやめればうまくなる

言葉は感情や状況を相手に伝えて理解、共感できるように、みんなが言う言い方があります。自分のオリジナル作文を相手に伝えてもかろうじて意味は理解してもらえても自然な会話にはなりません。

英会話は英作文ではなく、みんなが言う表現を音で覚えましょう。

Katie’sの音で覚える英会話 
無料カウンセリング、無料お試しレッスン実施中

ブルックリンメソッドでわかるから楽しい、楽しいから続けられる、続けられるから話せる

バイリンガル日本人講師による担任制オンライン英会話レッスン

Katie’s New York(ケイティーズ ニューヨーク)

無料体験レッスンでKatie’sのクオリティを体験してみよう

体験レッスンはどなたでも無料で受けられます。今この瞬間からあなたの未来が変わります。

関連記事一覧