Midtown New York

ニューヨーク訪れたいおすすめの観光スポット/Statue of liberty 自由の女神

ニューヨークをといえばこれというほどの存在感、自由の象徴

エンパイアステートビルに続いてニューヨークで訪れたいのが自由の女神像です。もともとはアメリカの独立100周年を記念してフランスから送られました。当初は銅像なので銅色をしていましたが、海上にあるため潮風で酸化した結果現在の色になっていると言われています。

場所はリバティ島(Liberty island)というマンハッタンから2kmほど離れた会場に浮かぶ小島なため見物するにはフェリーに乗ります。フェリーはリバティ島に上陸して間近で見ることができるStatue Cruiseがおすすめですが、上陸はしなくても目の前まで近づくliberty Cruiseのほか、スタテン島への移動のための住民に向けた無料のThe Staten Island Ferryでも遠目でみることができます。上陸できるStatue Cruiseでは復路で隣島のエリス島に立ち寄りますので、現在は博物館になっている昔のアメリカの移民局を見学することができます。

上陸できるフェリーは最終が16時頃と昼間時間帯のみになります。日中はとても混み合いますので早朝の船で行くことをおすすめします。リバティ島では写真ではなかなかみることができない自由の女神を背後からみて一周することができます。また、島内にあるおみやげ店の品揃えは全米一です。

また、チケットには台座に登ることができるチケット(別料金)と王冠まで階段であがるチケット(予約制)もあります。とくに王冠チケットはかなりレアな体験ができますので一生に一度くらいは良いかもしれません。

Statue of liberty(自由の女神像)

場所:Liberty island(マンハッタン南のバッテリーパークよりフェリー)

Website https://www.nps.gov/stli/index.htm

関連記事

PAGE TOP